スーパーのマルエツ、働き方改革で19年元日を「休業日」に

スーパーのマルエツ、働き方改革で19年元日を「休業日」に
マルエツの公式Webサイト
 関東地方でスーパーマーケットを展開するマルエツは10月15日、一部店舗を除き、2019年1月1日を休業日とすると発表した。休日の確保による生産性向上と、職場環境の改善による人手不足解消などが狙い。

 19年元日に休業するのは「マルエツ」「マルエツ プチ」「リンコス」「魚悦」の全業態で、計290店舗。対象店舗では、正社員・パート・アルバイトなど、雇用形態を問わず全スタッフが休みとなる。

 ただ「マルエツ 成田ニュータウン店」(千葉県成田市)など、ショッピングモール内に入居している5店舗は運営の都合上、元日も営業する。

 マルエツの広報担当者は「元日に休むことによる売り上げの減少は、18年12月の年末商戦に注力することなどでカバーしたい」と説明。

 「顧客の要望を聞く必要があるため正式決定はしていないが、20年以降も元日は休みにする方向で検討している。職場環境を改善することで、若手社員を獲得できれば」(同)と話している。

あわせて読みたい

記事提供社から

「スーパーのマルエツ、働き方改革で19年元日を「休業日」に」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ほっとけば人手がいなくてスーパーもコンビニも昔の商店のように年末年始は休業が普通になるさw。

    2
  • 匿名さん 通報

    正月早々、7-11で買い物してる主婦、主婦として才覚が落ちてんだろうな。

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。