離職率28%だったサイボウズは、どうやってブラック企業から生まれ変わったのか

離職率28%だったサイボウズは、どうやってブラック企業から生まれ変わったのか
サイボウズ社内の様子
 「生産性の前に働く人の幸せ」の考えをベースに、第2回では、「やってみよう」因子を刺激し、チームで新たな価値を「生む」ことに触れました。

 そんなことを言うけれど、あなたは実践できているのか? そう思う読者の方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、なぜ「生産性の前に働く人の幸せ」という考えに至ったのかを、私が勤めるサイボウズの事例をもとに紹介します。

 今から13年前(2005年)のサイボウズは、創業して8年目、社員が83人という、いわゆるベンチャー企業でした。ただしその年、社員23人が退社し、離職率が28%となりました。どんどん社員は辞めていくが、業務は山のようにあり、休日出勤も常態化しているといった、いわゆるブラックな労働環境にありました。

 それが最近では、働き方改革といった視点で海外からも注目をいただく会社になりました。あまりの変わりようなので、当然ながらこの話をすると、どうやってブラック企業からホワイト企業になったのですか、という質問を多くいただきます。

 振り返れば、私たちは「働き方改革をしよう!」とか、「生産性を上げよう!」と言ったことは一度もありません。結論を先に言えば、社員一人一人がどうすれば働きやすいかということを考え続け、その後の13年間、さまざまな取り組みを続けてきた結果として現在があるだけです。

●オンラインでの情報共有量の膨大さ

 サイボウズに中途入社された方が必ず驚くことの1つに、「オンラインでの情報共有の密度」があります。社内では、社長のみが知っている情報はほとんどなく、全社員にあらゆる情報が公開されています。

あわせて読みたい

記事提供社から

「離職率28%だったサイボウズは、どうやってブラック企業から生まれ変わったのか」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    だいたい、テレビで働け!(低賃金で)と言ってるのは、高額所得者。バイト情報誌のCM出ているあの人は、高額のCM出演料貰って、低賃金バイト労働者を、働かせようとしているのだから、労働搾取である。

    3
  • 匿名さん 通報

    人手不足と言いながら人を使い捨てぐらいにしか思ってない企業が多いのが問題。日本社会はお先真っ暗になるのが目に見えている。

    2
  • 匿名さん 通報

    休日出勤=ブラックではない。なかむらアサミ。お前は一般企業で働いたことあるのか?

    0
  • 匿名さん 通報

    サービス残業は当たり前、週休1日も当たり前、12時間労働も当たり前、ボーナス無しも当たり前、資格も無いバイトを雇い、歯科技工士学校も支那人ばかりの歯科技工士

    0
  • 匿名さん 通報

    サイボウズなどは、働き方の効率化が分かっている企業だが、企業の多くは業務効率化に疎い。「昔からこうやっている」では無理だ。少子化で昔ほど人が居ない事が分かっていない。

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。