化粧品「ドクターシーラボ」、ジョンソン・エンド・ジョンソンが買収

化粧品「ドクターシーラボ」、ジョンソン・エンド・ジョンソンが買収
シーズ・ホールディングスの公式Webサイト
 化粧品「ドクターシーラボ」を展開するシーズ・ホールディングス(シーズHD、東京都渋谷区)は10月23日、米ヘルスケア大手Johnson&Johnson(J&J)が実施する式公開買い付け(TOB)に賛同すると発表した。J&JはTOBと創業者らからの譲渡で全式の取得を目指しており、シーズHDは上場廃止(東証1部)になる見通し。

 TOBは2018年10月29日~19年1月10日にかけて行い、1当たり5900円で買い付ける。買い付け総額は約1500億円。TOB後、J&JはシーズHDの創業者、城野親徳会長らの保有式を約800億円で取得する予定。城野会長は名誉会長兼上級相談役に退き、J&Jへの助言などを行うという。

 J&JとシーズHDは今後、国内外の顧客データベースや、各種ノウハウを共有。J&Jはオンラインでの販売網を強化するほか、高価格帯の商品開発などを進める。シーズHDもJ&Jの海外販路を活用し、海外売上高の引き上げを目指すほか、ネット通販を強化していく。

 シーズHDの18年7月期(17年8月~18年7月)の売上高は430億円、営業利益は84億円。J&Jの傘下に入ることで、「これまで投資がかなわなかった分野や研究開発において、J&Jの企画力や経営リソース、開発能力を取り入れながら、柔軟な投資判断に基づく積極投資が可能になる」としている。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。