昭和生まれの「ランチパック」が平成になってから“大化け”した理由

昭和生まれの「ランチパック」が平成になってから“大化け”した理由
ランチパックのシリーズ
 山崎製パンの「ランチパック」は1年で約4億個を出荷しており、売り上げ額は345億円を誇る看板商品だ(2018年1月~12月、出荷額ベース)。1984年(昭和59年)に誕生した当初は、菓子パンのラインアップの1つにすぎなかったのに、平成になってから急に大ブレークした。毎年、全国統一商品を約50種類、ご当地限定商品は約80~90種類発売しており、これまで開発した商品は1600種類以上にもなる。

 ランチパックはなぜこれほどまでに成長したのだろうか。そして、これほどの種類を開発できる開発体制はどのようになっているのだろうか。営業統括本部マーケティング部マーケティング第二課の保田高宏課長に話を聞いた。

●ランチパックの製法

 まず、ランチパックの概要を解説しよう。

 ランチパックに使われている食パンは、同社の主力ブランドである「ダブルソフト」や「ロイヤルブレッド」ではない。ランチパック専用の食パンを、独自の製法でつくっており、きめが細かくしっとりしているのが特徴だ。しっとりしているのには理由がある。食感を良くするだけでなく、具材の水分がパンの生地に染み込むのを防ぐためだ。発売当初は、「ピーナッツ」「青りんご」「小倉」「ヨーグルト」の4種類しかなかったが、パン生地が進化することでさまざまな具材を入れられるようになった。

 ランチパックは空気に触れると、パンの生地が乾燥してすぐパサパサになってしまう。そこで、製造工程では、食パンをスライスしてから包装するまでに約1分40秒しか時間をかけていない。焼きあがった食パンを専用のスライサーでカットし、具材を乗せ、パンをサンドし、パンの耳をカットし、包装するまでをノンストップで行っている。パンをサンドする際には、専用の機械を使い、2枚のパンの生地の端を圧着している。サンドする際には、特別な接着剤や水は使っていない。...続きを読む

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年4月5日の社会記事
「昭和生まれの「ランチパック」が平成になってから“大化け”した理由」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    フジパンのスナックサンドのパクリなんだけどな

    3
  • 匿名さん 通報

    剛力氏はコマーシャル出演料いくらだったの?どっかのルーペ会社会長みたいにバラしたら?

    0
  • 匿名さん 通報

    山パンのアルバイトは、一度経験されるがいい。座禅に行く気持ちで。

    0
  • 匿名さん 通報

    販売店(スーパーなど)の推しも強い。何か圧力かけているのかな?

    0
  • 匿名さん 通報

    食べ過ぎに注意とか記載しておいて。何個も食べるとほぼ確実に太ります。生活習慣病に注意!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。