串カツ田中、“時短”の実験店で売り上げアップ その理由は?

串カツ田中、“時短”の実験店で売り上げアップ その理由は?
さまざまな実験をしている串カツ田中
 営業時間が長ければ長いほど売り上げもアップする――飲食業界や小売業界ではこのような考え方が一般的だった。しかし、深刻な人材不足などを受けて、各企業は営業時間を短縮しても売り上げが減らないようなビジネスモデルの再構築を迫られている。

 串カツを主力とする居酒屋チェーンとして急成長した串カツ田中は、2018年8月から76店舗で実験的に営業時間を変更している。ポイントは「土・日の開店時間を早める」と「平日の閉店時間を前倒しする」の2点だ。土日の営業時間は増加する一方で、平日の営業時間が減少する。1週間全体では営業時間が3時間減少することになる。

 営業時間を短縮した店舗では、18年8~11月における1店舗当たりの平均売り上げが前年比増となったという。つまり、営業時間は減ったのだが、売り上げは減るどころかアップしたのだ。なぜ、このような結果になったのか。

●きっかけは全面禁煙化

 串カツ田中は18年6月、立ち飲み形式の3店舗を除く全国181店舗(当時)の全面禁煙化に踏み切った。従業員の受動喫煙を防止するとともに、新規顧客を獲得する狙いがあった。

 禁煙化を受けて、さまざまな影響が出た。客層でいうと、家族連れが増える一方で、会社員が減った。夜遅くまで飲み続ける傾向がある喫煙者が少なくなったため、深夜帯の売り上げが減少した。ファミリー層などが多くなったため、早い時間帯(土・日の午後2~3時や平日の午後7~8時)の売り上げが増えた。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年4月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。