トヨタ社長が「終身雇用は難しい」と言っても、やっぱり「終身雇用」が必要な理由

トヨタ社長が「終身雇用は難しい」と言っても、やっぱり「終身雇用」が必要な理由
日本企業は「就職」ではなく「就社」の文化
 トヨタ自動車社長、豊田章男氏の「終身雇用は難しい」発言が大きな波紋を呼んでいます。

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は13日、都内で開いた記者会見で終身雇用について「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べた。

終身雇用、「企業にインセンティブ必要」 自工会会長 日本経済新聞 2019年5月13日

 日本を代表する大企業であり、かつ1950年の経営危機時に1600人のリストラを行って以来、半世紀以上もリストラせずに来たトヨタ自動車。その会長が、このような発言を行ったことを、筆者も非常に重みをもって受け止めています。

 主要自動車メーカー間競争の激化、中国など新興国の自動車メーカーの台頭、そして自動車もIT化が進み、GoogleやAppleといった異業種との主導権争いなど、トヨタ自動車を含め日本の自動車メーカーは厳しい環境に置かれています。

 それに伴い人材確保競争も激化している状況で、社内に抱える余剰人員を解雇し、優秀なエンジニアやデザイナーを高い報酬で迎え入れる……そんなメリハリのある人事戦略を取らなければグローバルで通用する人材を確保するのは難しいことは理解できます。

 その一方で、雇用の専門家である社労士の視点として、終身雇用の維持は「日本企業の責任ではないのか?」とも見えるわけです。

●「就職」ではなく「就社」の文化

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年5月21日の社会記事
「トヨタ社長が「終身雇用は難しい」と言っても、やっぱり「終身雇用」が必要な理由」の みんなの反応 15
  • 匿名さん 通報

    会社の経営も大事だが、これでは諸問題(少子化、御社の場合派遣切りなど)全く解決しない。財界トップクラスの企業でもあるので、陣頭指揮をとり国難を解決に尽力してもらいたかった。トヨタ車は遠慮する。

    4
  • 匿名さん 通報

    技術職は終身雇用で囲っとかなきゃ衰退する一方なんだがな。他の方がコメされてる通り、経営陣こそ経営能力が無ければ刷新された方が会社の為になるかと。

    3
  • 匿名さん 通報

    職務明細が示されない日本では、従業員の業務が無限に拡大する。あなたが行うべき職務はこれだという明細が示され、その範囲で仕事をすれば成果達成となれば、終身雇用は不要。企業自身が変わる必要がある。

    2
  • 匿名さん 通報

    一層の事役員含めて全員契約社員化した方が手っ取り早い。業績が悪化したら経営陣全員首切りで新しい経営陣でやれば直ぐに結果が出る。プロパー社長なんていらない!

    1
  • 匿名さん 通報

    旧運輸省から国交省、マスコミまでトヨタは金で買っている。トヨタ様に都合の悪い記事は書けない、潰される。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。