平成最後のサラリーマン川柳、1位は「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

平成最後のサラリーマン川柳、1位は「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
1位はあのヒット曲をもじった句
 第一生命保険は5月23日、毎年恒例の「サラリーマン川柳コンクール」で多くの票を獲得した10作品を発表した。1位は「五時過ぎた カモンベイビー USA(うさ)ばらし」(3446票)。DA PUMPのヒット曲「U.S.A.」の歌詞をもじった表現で、人気を集めた。

 投票した男性からは「鬱憤の溜まったサラリーマンの気持ちがよく表れている」、女性からは「仕事終わりの時の私と同じ気持ち」などの声が寄せられた。講評を務めた漫画家のやくみつるさんは「U.S.A.」の流行がサラリーマンにも浸透していたことに驚いており、「感覚のギャップはとうに埋めがたいものとなっている……つくづくそんなことを感じた」とコメントしている。

 2位は「いい数字 出るまで測る 血圧計」(3235票)で、「身に覚えがあり、思わず笑ってしまった」(男性)といった声が届くなど、男性の支持率が高かった。

 一方、3位は女性支持率の高い「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」(3032票)。「わが家がまさにそうだったので共感した」(女性)などのコメントが寄せられている。

 4位は「ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし」(2956票)、5位は「『やせなさい』 腹にしみいる 医者の声」(2468票)だった。

 平成を締めくくる今回のサラリーマン川柳には、再雇用や子育てといった「働き方改革」や、フリマアプリなどのシェアリングエコノミーをテーマにした作品が多数寄せられた。

 講評を担当した川柳作家のやすみりえさんは、「令和が幕を開けたタイミングで2019年の作品を眺めると、しみじみとしてしまう。これから詠まれる句の数々が、『令和』そのものを表していくのだろうと思うと、楽しみな気持ちが湧いてくる」とコメントしている。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年5月23日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。