「月28日勤務」「危険な環境」 東京五輪の建設現場に根付く“恐怖の文化”

「月28日勤務」「危険な環境」 東京五輪の建設現場に根付く“恐怖の文化”
新国立競技場の整備などが進んでいるが……(写真:ロイター)
 「The Dark Side of the Tokyo 2020 Summer Olympics (2020年東京オリンピック“闇の側面”)」

 これは、国際建設林業労働組合連盟(BWI)がまとめた報告書のタイトルです。この報告書では、「2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場などの建設現場で、作業員が過酷な労働環境に置かれている」として、大会組織委員会や日本スポーツ振興センター(JSC)に改善を求めています。

 BWIは約130の国・地域の労働組合が加盟する組織です。06年から五輪やサッカーワールドカップなど大規模イベントの建設現場の労働環境を調べ、提言書をまとめてきました。

 それで、今回。18年9月に複数の競技会場の建設現場を視察し、今年2月にはJSCを事業主体として整備中の新国立競技場と、都が建設中の選手村で働く作業員計40人から聞き取り調査を実施したところ、「頭上をコンクリートがプラプラしている状態で怖い」「月に28日間連続で働いている例がある」など、危険な建設現場の状況を訴える声が相次いだのです。

 具体的には、

・作業員の半数が雇用契約でなく、請負契約のため(一人親方が請負う)、法的な保護が手薄

・選手村で月28日間、新国立競技場で月26日間、勤務した作業員がいた

・作業員の中には安全器具を自腹で購入した者がいた

・薄暗い中での作業の改善を求める労組からの通報をJSCが受理しなかった

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年5月24日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。