「ハイボール 1杯50円」で、どうやって儲けているのか 鶏ヤローのカラクリ

「ハイボール 1杯50円」で、どうやって儲けているのか 鶏ヤローのカラクリ
「角ハイボール 50円」をアピールする鶏ヤロー
 首都圏の繁華街をフラフラ歩いていると、ちょっと気になる看板が目に飛び込んできた。「角ハイボール 50円」(税別、以下同)である。

 激安の雰囲気がプンプン漂ってくるので、「なんだか怪しいなあ。ほかのドリンクは高いんでしょ」と思われたかもしれないが、サワー・カクテル・焼酎なども99円である。生ビールは280円なので、ちょっと高く感じるほどである。「じゃあ、フードが高いんでしょ」と疑いたくなる気持ちはよーく分かるが、お通しは380円で、枝豆は298円。一般的な居酒屋の価格と、ほぼ同じである。

 「角ハイボール 50円」の看板を掲げている店の名前は「居酒屋 それゆけ! 鶏ヤロー!」(以下、鶏ヤロー)。株式会社遊ダイニングプロジェクト(千葉県流山市)が2014年に、江戸川区の西葛西に店舗を構えたところ、売り上げは順調に伸びていき、現在は20店舗を構える。「鶏ヤローの店を自分もやってみたいという人が増えていて、2年後の21年には3倍の60店舗ほどになっている予定」(担当者)だという。

 客単価「2000円市場」に乗り込んで、今後も店舗数が増えそうな鶏ヤローは、ハイボール1杯50円でどうやってもうけているのか。同社の和田成司社長に、ビジネスモデルなどを聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

●正直、店の名前はどうでもいい

土肥: 鶏ヤローの売り上げが好調のようですね。「鶏ヤロー」と聞いてピンとこなくても、「角ハイボール 50円」と言うと、「ああ、あれね。オレも利用したことがあるよ」とか「看板を見たことがあるよ」といった人が多いかもしれません。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年6月5日の社会記事
「「ハイボール 1杯50円」で、どうやって儲けているのか 鶏ヤローのカラクリ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    小津映画を見るとトリスバーで高橋貞二は安いのを佐分利信は高いのを飲んでる、サントリーは小津監督に感謝しなくちゃ。

    0
  • 匿名さん 通報

    景気の良い国の話ではありませんね。何を言いたいかは察してください。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。