「ミニ四駆」の生みの親 タミヤ社長が語るプラモデルの未来

「ミニ四駆」の生みの親 タミヤ社長が語るプラモデルの未来
“第2次ミニ四駆ブーム”に火を点けた「フルカウル」タイプのミニ四駆
 プラモデルという言葉を聞いて、何を思い浮かべるだろうか。昭和から平成初期にかけて、プラモデルは少年たちにとって必須のアイテムだった。零戦や大和、ミニ四駆、ガンダムに胸を熱くした人たちも多いだろう。しかし最近は町にプラモデルを売っている店はほとんどなく、子どもたちの間で流行っているという話も聞かない。果たしてプラモデルというコンテンツはもう時代遅れになってしまったのか。

 それを知りたくて、5月8日から11日まで、静岡市で開催された「第58回静岡ホビーショー」を訪れた。世界最大級のプラモデル、ラジコンなどの模型ホビーの見本市といわれる「静岡ホビーショー」を主催するのは静岡模型教材協同組合だ。同組合の理事長にして株式会社タミヤの社長でもある田宮俊作氏(84)がITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じた。

 ミニ四駆の生みの親である田宮社長は、世界で高く評価されている日本のプラモデル業界を草創期からけん引してきた。現在ミニ四駆は日本だけでなく東南アジアなど海外でも高い人気を誇っている。田宮社長にプラモデルの現状、そして令和時代を迎えた日本のプラモデルの「未来」を語ってもらった。

子どもの7割がプラモ未経験!?


――まず教材協同組合の理事長として伺います。今回のホビーショーでは新しい試みとして小中学生、高校生を招待されたそうですね。

 かつて男の子の通過儀礼といわれたプラモデルですが、今の子どもたちは7割以上が作ったことがないどころか、触ったこともないといいます。だったらホビーショーに招待し、存分に見て、触ってもらおうじゃないかと思い、企画しました。これは

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年9月11日の社会記事
「「ミニ四駆」の生みの親 タミヤ社長が語るプラモデルの未来」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    最初っから速いミニ四駆で売ればいいのに、あっちもこっちも部品を替えてバージョンアップ、って無駄金を子供に使わせるシステム。

    1
  • 匿名さん 通報

    完全に時代を読み違えてますね。車なんかに興味なし。

    1
  • 匿名さん 通報

    ゴールデンから深夜に。そして消えていく。F1などもその類。

    1
  • 匿名さん 通報

    子供の頃のアメリカ製のプラモはタイヤの溝まできっちり作ってあって、日本製はいい加減でタイヤの左右の貼り合わ せがずれていたり、ショックだったな。アメリカにかなわないのかって。

    0
  • 匿名さん 通報

    「貼り合わせ」がそのままでは投稿できない狂ったエキサイト。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。