事故物件、特殊清掃…… “死のリアル”になぜ私たちは引き付けられるのか

事故物件、特殊清掃…… “死のリアル”になぜ私たちは引き付けられるのか
【画像】特殊清掃の現場で奮闘する担当者
 住人が自殺や病死などを遂げた部屋を指す「事故物件」。遺体が運び出された後の部屋をきれいにする「特殊清掃」。かつてあまり大っぴらに語られてこなかった、こうした「死」にまつわる話に注目が集まっている。特殊清掃は漫画やドラマの題材になり、大島てるさんの「事故物件公示サイト」も話題になっている。

 いずれも背景にあるのは、孤独死という深刻な社会問題だ。いかにも死から意識が遠のいたように見える今の日本人が、こうした話題に引き付けられるのはなぜか。怖いもの見たさなのか、それとも切実な理由なのだろうか。

 話を聞いたのは、葬儀の在り方や高齢者問題などを取材してきた、毎日新聞社会部編集委員の瀧野隆浩さんと、孤独死や特殊清掃のルポを発信するフリージャーナリスト、菅野久美子さん。対談の前編では孤独死に焦点を当て、「独りで誰にも迷惑を掛けず、あなたは死ねるか」に迫った。

 後編では、なぜ私たちがこうした目をそらしたくなる「死の現実」に関心を抱くのか、2人のジャーナリストの視点から考える。

●世間の人は「死を垣間見たい」?

――世間では事故物件や特殊清掃、孤独死といった「死の現実」を扱ったコンテンツに注目が集まっています。そもそも2人はなぜこのテーマを取材するようになったのですか?

瀧野: 私は1989年、サツ回り(警察担当)をしている時にお墓について取材したのがきっかけです。新潟県の巻町(現新潟市)に、永代供養のための「集合墓」という物ができた。当時、子どものいない女性は墓を持てなかったのです。そういったシングルの女性を救う運動として取材しました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年6月20日の社会記事
「事故物件、特殊清掃…… “死のリアル”になぜ私たちは引き付けられるのか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    遺品整理はヤクザのフロントが多いと言うか殆ど関連企業。仕事は大変でも稼げるし、ぼったくり価格でも訴える人もいない。警備会社、清掃会社、物流、産廃、ごみ処理、セメント、廃品回収、ITもフロントが多い。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。