田原総一朗が憲法9条で安倍首相を斬る――「“改憲した総理”になりたいだけ」

田原総一朗が憲法9条で安倍首相を斬る――「“改憲した総理”になりたいだけ」
安倍首相を批判する田原総一朗
 日本を代表するジャーナリスト、田原総一朗氏。テレビ朝日の「朝まで生テレビ!」は、政治家から識者、視聴者を巻き込んだ論争を常に喚起してきた。そんな彼が今、夏の参院選を前に提起しているのが憲法改正問題だ。

 日本国憲法9条2項は、戦力と交戦権の保持を否定している。一方で日本には自衛隊という世界有数の“軍事力”がある。戦後長らく結論が出ずに棚上げされてきた問題に、田原氏は「今の憲法と自衛隊の存在は矛盾している」と言い切る。

 4月には、法哲学の第一人者である井上達夫・東京大学教授と、国連などで紛争解決の現場に携わった伊勢崎賢治・東京外語大学教授と共に『脱属国論』(毎日新聞出版)を世に問うた。いずれも改憲を主張する第一線の論客だ。

 今夏の参院選で安倍政権は公約に「自衛隊の明記」などの改憲案を盛り込んでいるが、田原氏はこの案に対しても批判的だ。85歳の田原氏はなぜ今、改憲問題に切り込むのか。田原氏自身がITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じた。

●「憲法と自衛隊は矛盾」

――今回の著作で田原さんたちは、戦力と交戦権を否定している憲法9条2項の撤廃や、日米安全保障体制の在り方の見直しを論じています。選挙の争点の1つとはいえ、多くの国民にとっては税金や年金問題などと比べて、「実感がわきにくい」話ともいえる改憲論議に、なぜこだわるのですか?

田原: つまりはね、今の憲法と自衛隊の存在は、明らかに矛盾しているんですよ。大矛盾です。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年6月26日の社会記事
「田原総一朗が憲法9条で安倍首相を斬る――「“改憲した総理”になりたいだけ」」の みんなの反応 17
  • 匿名さん 通報

    こんなバカに改正させたら末代までの恥だぞ。

    14
  • 匿名さん 通報

    憲法もずいぶん安っぽくなっちまったな。

    7
  • 匿名さん 通報

    そもそも「改正」という言葉が間違ってる。憲法は国のすべての成り立ちの大元になるもの。それを変えるのは「改悪」でしかない。

    6
  • 匿名さん 通報

    集団的自衛権(の行使容認)の対案を出せって当時も言ってた人いたと思うけど、集団的自衛権を認めない、現状維持でいいっていうのも対案じゃないの?まぁ、通ってしまった事に対して今更ケチつけてもアレだけど

    4
  • 匿名さん 通報

    憲法と矛盾している自衛隊の存在を合法にするのに何が問題なのか。「非常時は命を張って助けて欲しいけど、グレーな存在でいてね!」はないでしょうよw

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。