丸亀製麺が始めた「30分飲み放題」 何が見えてきたのか

丸亀製麺が始めた「30分飲み放題」 何が見えてきたのか
夜の集客対策として、飲み放題をスタート
 ずるずるずるずるずる――。

 ランチタイム。讃岐うどん専門店「丸亀製麺」(運営:トリドールホールディングス)の店内をのぞくと、たくさんの人がうどんを食べている。「かけうどん」(並)を290円(税込、以下同)で食べることができるので、「お昼ごはんに」「ちょっと小腹がすいたので」といった感じで、店にフラリと立ち寄ったことがある人もいるのでは。

 ただ、夜になると、店内の様子はちょっと違う。空席が目立つのだ。このままではいけないということで、夜メニューなどを投入したものの、結果はいまひとつ。このままではやっぱりいけないということで、「30分飲み放題」を投入したところ、夜の売り上げが3割ほど伸びているそうだ。

 「30分飲み放題」は、2016年6月にスタート。都市部の店舗を中心に展開していて、12店で提供している(6月28日現在)。価格は1000~1300円で、うどんか親子とじのどちらかに加え、総菜を2品選ぶことができる。飲料はビール、ハイボール、レモンチューハイ、焼酎を用意していて、時間内であれば注ぎに行ける(店舗によって、フードや飲料の内容が違う)。つまり、最後の1杯はゆっくり楽しみ、長く滞在することもできるのだ。

 売り上げが好調なのは、飲み放題だけでない。17年3月に一部の店舗でお弁当を販売したところ、1日に100食ほど売る店も出てきたという。それにしても、なぜ丸亀製麺はうどん以外のモノにチカラを入れているのか。また、どうやってお客の“胃袋”をつかむことができたのか。飲み放題やお弁当を担当している、同社の田中誠治さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年7月3日の社会記事
「丸亀製麺が始めた「30分飲み放題」 何が見えてきたのか」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    飲食店のチェーン店の行く末は、結局ファミレス。

    3
  • 匿名さん 通報

    丸亀製麺は香川県の丸亀市を騙っただけの讃岐風の製麺業者だと思います。不味いとは言わないが、カニ蒲鉾と同類です。 讃岐「丸亀」の響が悪い。 店舗数も多くなり回らなくなったかな?讃岐風うどんにしては

    1
  • 匿名さん 通報

    丸亀製麺は四国の讃岐うどんとは一切関係なし、便乗した上にセコイ客商売。香川県内で食べるのが本場の讃岐うどんの醍醐味。それ以外の都道府県で食べられる讃岐うどんは偽物。因みに讃岐うどんのルーツはウルムチ。

    0
  • 匿名さん 通報

    讃岐っ子は、朝にお早うで始まりうどん食べ、昼に今日はでうどん食べ、うどんの話題で盛り上がる。家に帰り晩御飯でうどん食べて、お休みなさいで一日を終える。一年中これが基本で、うどんに飽きることもない。

    0
  • 匿名さん 通報

    お隣さんの徳島はどうかというと、若者はデートで浜へ行きウミガメの産卵を見て、サツマイモを食べ女性も大きなオナラして、こんな感じで愛を育む。渦潮に阿波踊りも有名だけど、他はこれといったモノがないかな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。