人の心を癒すロボット「Qoobo」は、どのようにして生まれたのか

人の心を癒すロボット「Qoobo」は、どのようにして生まれたのか
クッション型セラピーロボット「Qoobo」
 モフモフとしたさわり心地の円形クッションから、しっぽが伸びている。なでると、しっぽを振る。しっぽの振り方は、なで方によって変わる。顔や足はないが、もはや本物の犬や猫にしか思えない。

 このように書いても「何が何だかよく分からない」と感じたかもしれないが、正体はユカイ工学のクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」(1万2000円、税別)である。

 2018年11月に発売された「Qoobo」は、毎日の生活に癒やしを求める人や、ペットを飼いたくても飼えない人に使ってもらうべく開発された。特徴は、本物の犬や猫と同じしっぽの振り方をして応えてくれるところ。そっとなでるとフワフワと、たくさんなでるとブンブンと、しっぽを振るほか、さわらなくても振ることがある。日本のほか海外でも販売されており、これまでに1万匹以上が売れている。

しっぽに囲まれた生活を送っていた女性デザイナーが発案


 「Qoobo」とはフランス語でしっぽを意味する“Queue”とロボット(Robot)による造語。円形クッションからしっぽが伸びている様がアルファベットのQに似ていることにインスパイアされ名付けられた。

 誕生のきっかけは、毎年社内で実施しているアイデアハッカソン。17年4月に実施した時に発表したのが、「Qoobo」の原型だった。

 同社のアイデアコンペは、社員全員が参加。スキルが均等になるようにチームを編成し、動く試作品までつくることにしている。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年8月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。