ヤフー、ZOZO買収でEC強化 「国内ナンバーワンの悲願にようやく手が届く」

ヤフー、ZOZO買収でEC強化 「国内ナンバーワンの悲願にようやく手が届く」
ヤフーの川邊健太郎社長(左)、ZOZO新社長の澤田宏太郎氏(中央)、ZOZO前社長の前澤友作氏(右)
 「国内ECナンバーワンは、予てからヤフーの悲願だ。楽天やAmazonが強力なライバルだという声もあるが、ZOZOとの連携で現実的に手が届くものになるのではないか」――ヤフーの川邊健太郎社長は9月12日、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの買収について、同日開いた記者会見でこう説明した。

 ヤフーは12日朝にZOZOを買収すると発表。10月上旬にもTOB(株式公開買い付け)を実施し、連結子会社化する方針を明らかにしている。買収額は約4000億円。同社にとっては大きな買い物だが、悲願である「国内ECナンバーワン」の達成に必要なピースだったという。

 ヤフーは2013年からEC事業を強化しており、近年は特に「広告事業に次ぐ2本目の柱」を目指して事業拡大に力を入れていた。今秋には新たなECサイト「PayPayモール」をオープンする予定だが、ここに女性を中心とした若年層が多く利用するZOZOTOWNを出店させることで、相互送客を進め、両社の顧客基盤を拡大する狙いがあるという。

 ヤフーの川邊社長は「ヤフーとZOZOのユーザーは補完的な属性を持っており、さまざまなシナジーを期待できる。両社の連携で、購入者数も取扱高も営業利益も“爆増”するのではないか。ヤフーには、過去に旅行サービス『一休』をヤフーとのシナジーで伸ばしてきた実績がある。そのノウハウを生かして、ZOZOTOWNも成長させていきたい」と話す。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年9月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。