静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【前編】

静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【前編】
リニア中央新幹線(ITmedia ビジネスオンライン編集部撮影)
 編集部より:連載「検証・リニア静岡問題」の予告編「リニアを阻む静岡県が知られたくない「田代ダム」の不都合な真実 」(関連記事参照)は大きな反響がありました。筆者の現地取材や静岡県への書面取材の結果を、【静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃】と題し、「前編」「後編」(後編は関連記事から読めます)という形で、より深く検証していきます。 

 全長約897メートルという世界一長い木造橋の橋脚に、時折、流木がぶつかっては流れて行く。大井川(静岡県)に架かる蓬莱橋(同県島田市)は、襲いかかる濁流に必死で抗(あらが)っているように見えた。

 台風10号が日本を縦断した今年(2019年)8月15日、静岡県を訪れる機会があった。増水した大井川の堤防に立っていると、中高年の男性が話しかけてきた。

 「蓬莱橋は、去年(18年)の台風24号で流されて、今年4月に復旧したばかりです。私が子どもの時と比べて、大井川の水は3分の1ほどに減ったように思います。それでも、大雨が降ると水害や土砂災害が起きはしないかと心配です」

 「〽越すに越されぬ大井川」と箱根馬子唄に歌われたように、大井川は増水でたびたび川止めになった、東海道の難所である。その源流部で、リニア中央新幹線の工事を巡って、JR東海と静岡県との対立が続いている。そのため、南アルプストンネル(25キロ)は、山梨工区は15年、長野工区は16年に工事が始まったにもかかわらず、中央部の静岡工区(8.9キロ)は本工事に着手できない状況だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年10月11日の社会記事
「静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【前編】」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    知事に賛成ですね。静岡には何のメリットもありません。

    5
  • 匿名さん 通報

    静岡県知事がそれほどリニアが嫌いだったらコースを変えて長野経由にしましょう。いつ解決するのかわからない状況が続くだけでも建設経費は膨らんでいます。静岡を切れば全てokでしょう?

    3
  • 匿名さん 通報

    この著者はJR東海からいくらいただいてるのかな? ミスリードもいいとこだ

    3
  • 匿名さん 通報

    嫌ならきっぱり断れば済むのに、ゴネてるところを見ると、あっさり静岡をルート外されたらそれも困る理由が何かあるんじゃないの?具体的に何が欲しいのか言ってみ?

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら