ヴィッツ改めヤリスが登場すると、世界が変わるかもしれない話

ヴィッツ改めヤリスが登場すると、世界が変わるかもしれない話
ヴィッツの後継となるBセグメントのヤリス
 お台場MEGA WEB(メガウェブ)の発表会場で、ヴィッツの後継となるヤリスのベールが明かされるのを見ながら、筆者はついにこの日がやってきたことを極めて感慨深く受け止めた。実は風邪の発熱で少々意識朦朧(もうろう)としていたせいもあって、話の受け止め方が若干センチメンタルになっているのかもしれない。まあこの記事を書いている今も引き続きすこぶる調子が悪い。熱のせいにすれば少し論調が暴走しても許されるかとプラスに考えることにする。

TNGAの始まり


 2015年4月にトヨタは突然TNGA戦略のリリースを発表した。たぶんこれにいち早く注目したのは筆者くらいだと思う。というより、あの漠然としたリリースの内容で記事を書こうと思う方がおかしい。今になって振り返ると「モジュール化」ではなく、バリエーション展開を織り込んだ設計だったのだが、それでもあれをトヨタの大転換期の始まりと推測した当時の自分を褒めてやろうとは思う。

 筆者はこの15年のTNGA発表まで、トヨタのクルマをほとんど信用していなかった。多分それは、クルマ作りの中で生じる各要素のプライオリティの付け方に深い溝を感じていたからだ。例えば乗り心地とハンドリング、ドライバーの着座姿勢と後席空間の広さ。そういう対立的要素の序列の付け方に極めて納得がいかなかったからだ。「そっちを優先するヤツとは友達になれないな」。そう思っていた。

 11月になると、ようやくTNGAの具体的説明が始まる。以来4年間、筆者はトヨタのTNGA改革に対して終始疑り深い目で追いつつ、実際に出てきたクルマを一台ずつ検証してきた。その過程でトヨタはちゃんと結果を出してきた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年10月21日の社会記事
「ヴィッツ改めヤリスが登場すると、世界が変わるかもしれない話」の みんなの反応 13
  • 匿名さん 通報

    TNGAがTENGAに見える。

    4
  • 匿名さん 通報

    いやー笑けてくるwwwこんなの信用して買って後悔しなければいいが。まぁこんなの買うヤツって車に興味無いから満足なんだろうな。K国の洗脳教育と一緒で騙されるヤツが哀れ。

    4
  • 匿名さん 通報

    「3気筒で排気ガスの量を削減できそうだし」< バカかコイツ。それとも釣りか?

    3
  • 匿名さん 通報

    アルテッツァも当時雑誌等でべた褒めだったが、実際乗ってみるとクソだったしな。結局他社の同排気量のスポーツセダンを買ったが、アルとは比べ物にならないくらい楽しかった。

    3
  • 匿名さん 通報

    価格がいくらかですね。 200万以上になったらヤダな。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら