「アニメの絵を自動で描く」AIが出現――アニメーターの仕事は奪われるのか?

「アニメの絵を自動で描く」AIが出現――アニメーターの仕事は奪われるのか?
【画像】DeNAのアニメキャラを自動作成するAI
 長年、アニメーターの手描きに支えられてきたアニメ製作の在り方が大きく変わろうとしている。CGだけでなく、ソフトやAI(人工知能)などが、描画を自動で手掛けるようになってきたのだ。果たして人間抜きでシステムがアニメを創り上げる未来は来るのか。人間のアニメーターの仕事はどう変容するのか。最前線を追った。

ヒトの手描き元にソフトが自動で描画


 最初と最後の絵を描くだけで、自動的にアニメが仕上がっていく。そんな夢のようなシステムが、できるかもしれない。シンガポールで開発されたアニメーション制作ソフト「CACANi(カカーニ)」がそれだ。

 CACANiはキーとなる絵(原画)を人間が描くだけで、アニメの中で連続する「間の動き」部分の絵を自動的に生成する。業界で「中割り」と呼ばれる動きのシークエンス(連続性)の間部分を埋めていくのだ。特に日本の手描きアニメに力を発揮している。1990年代から開発が進められ、2010年中頃より日本でも制作現場に投入されるようになった。開発会社による長年の努力のたまものだ。

 『キャプテン翼』や『炎炎ノ消防隊』『あんさんぶるスターズ!』といった人気作品にCACANiの名前がクレジットされることに気付いている人もいるかもしれない。これらの作品の一部にCACANiの技術が活用されているのだ。いずれの作品もフジテレビジョンのグループ会社であるデイヴィットプロダクションが制作する。同社は18年にCACANi社と研究開発のパートナーシップを結び、積極的にアニメーション制作へ導入している。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年10月23日の社会記事
「「アニメの絵を自動で描く」AIが出現――アニメーターの仕事は奪われるのか?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    約40年ほど前にアニメ制作にロートスコーピングが導入された時も同様な議論がありました。動きに馴染めず主流になりませんでした。成功例は違和感を抑え今でも使用し続けているディズニーだけです。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら