マツダがロードスターを一部改良 ホイール3キロ軽量化で走りやすく

記事まとめ

  • マツダが「ロードスター」「ロードスターRF」を一部改良した。
  • アルミホイール計約3.2キロの軽量化により、走りやすさを高めた。
  • ボディーカラーに新色「ポリメタルグレーメタリック」も追加されている。

マツダ「ロードスター」一部改良 ホイールを3キロ軽量化

マツダ「ロードスター」一部改良 ホイールを3キロ軽量化
一部改良したマツダ「ロードスターRF」
 マツダは11月14日、小型オープンスポーツカー「ロードスター」「ロードスターRF」を一部改良し、予約受け付けを開始した。12月5日に発売する。

 ロードスターは誕生30周年。累計109万台以上を販売している(9月末時点)。現在のモデルは4代目となる。

 今回の改良では、ソフトトップモデルのロードスター、リトラクタブルハードトップモデルのロードスターRFともに、ボディーカラーに新色「ポリメタルグレーメタリック」を追加。この色は5月に発売した「MAZDA3」から採用している。金属の硬質感と樹脂特有の滑らかなつや感を融合させ、ロードスターの造形を際立たせる。

 また、インテリアではステッチカラーを従来の赤から明るいグレーに変更。ブラックの部分とのコントラストを際立たせ、質感を高めた。

 ロードスターには、ホイールメーカーのレイズと共同開発した鍛造16インチアルミホイールを設定。1本あたり約800グラム、計約3.2キロの軽量化によって、走りやすさを高めた。また、レイズ製ホイール装着車には、イタリアのブレーキメーカー、Brembo製のフロントブレーキをオプション設定。コントロール性を高めている。

 ロードスターRFには、上質で艶やかなバーガンディ・レッドのナッパレザーインテリアを採用した新機種「VS Burgundy Selection」を追加している。

 先進安全技術「アドバンスト・スマートシティ・ブレーキ・サポート」については、全機種に夜間歩行者検知機能を追加した。

 ロードスターの希望小売価格(税込)は260万1500円~333万4100円。ロードスターRFは343万9700円~390万600円。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る 2019年11月14日の社会記事
「マツダ「ロードスター」一部改良 ホイールを3キロ軽量化」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    すごいね!マツダに関しては一部改良情報まで教えてくれるんだ。さすがエキサイト。

    0
  • 匿名さん 通報

    今となっては余り街で見かけることもないマツダ車。国内では不人気で低評価でも、国外では人気で高評価されてるから、まだ救われるようなもの。国産で、マツダ、スバル、レクサス、ミツビシ、二ッサンは外れが多い。

    0
  • 匿名さん 通報

    ターボ付きで200馬力ぐらいのエンジンにしてくれたら欲しいけどな。あの馬力であの重量では一人乗りなら辛うじて何とかなるけど、二人になったらもっさりとした動きになるからなぁ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。