ドコモ代理店の「クソ野郎」問題 事件発生から謝罪まで4日間かかった理由を運営会社に聞く

ドコモ代理店の「クソ野郎」問題 事件発生から謝罪まで4日間かかった理由を運営会社に聞く
問題のあったドコモ代理店を運営する兼松コミュニケーションズ(出所:同社公式Webサイト)
 ドコモショップ市川インター店(千葉県市川市)を訪れたお客が1月6日、店員から「クソ野郎」などと書かれた資料を渡された“事件”が発生した。侮辱されたことに気付いたお客がその場で店員に抗議したが、不誠実な対応をされたという。その後、運営会社である兼松コミュニケーションズ(東京都渋谷区)や、NTTドコモが謝罪する事態に発展した。

 事件が発生してから、お客に謝罪するまでは4日間もかかっている。おわびが遅れた経緯や、今後の再発防止策について兼松コミュニケーションズの責任者に話を聞いた。

お客からのメールで発覚


1月6日: 事件の発生

 市川インター店で侮辱されたメモの存在に気付いたお客は、店員に抗議。メモを書いた店員は謝罪をした。納得しないお客は店長への面会も申し出たが、直接会うことはできなかった。お客は一連の対応に不信感を抱いたという。

 兼松コミュニケーションズの責任者は「大変な事態が発生しているという認識が、店内で共有されなかった」と説明する。

1月8日: お客の通報

 午後10時頃、侮辱されたお客が兼松コミュニケーションズの公式Webサイトにある問い合せフォームから、事件の概要を通報。

1月9日: 問題の発覚

 午後1時、兼松コミュニケーションズが問い合せフォームの内容から事件を把握。直ちに市川インター店の店長とメモを書いた店員を本社に呼びつけ、ヒアリングを行う。

 午後7時、お客に対して、経緯について直接説明するとともに謝罪をしたいという趣旨のメールを送る。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ドコモ代理店の「クソ野郎」問題 事件発生から謝罪まで4日間かかった理由を運営会社に聞く」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    売上で評価されるんだから、客はカモでしかないよね。客はカモにされないように自分で契約内容をチェックするようにするしかないよ。意味不明な不要なオプションつけられないように。

    11
  • 匿名さん 通報

    会社がいくら徹底しようが、最終的には個人の問題だと思う。

    6
  • 匿名さん 通報

    まぁ運営会社は程度の差はあっても社員の質は低いし、商品の説明もちゃんとできないし理解もしていない。

    6
  • 匿名さん 通報

    16:17は事件を全然理解していない阿呆。

    4
  • 匿名さん 通報

    16:17 なおパパママの中小企業で仕事用のものだったりするんだよなぁ。企業契約の範囲に入らない台数で社長の父親名義で支払い。これで良客がまとめて減るわな。俺なら文句を言う前に解約。

    3
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。