ビジネスパーソン平均年収は408万円 都道府県別1位は東京438万円

記事まとめ

  • dodaが「平均年収ランキング2019」を発表した。
  • ビジネスパーソンの平均年収は408万円になった。
  • 都道府県別では東京都438万円、神奈川県430万円、千葉県414万円に。

ビジネスパーソンの平均年収は408万円、都道府県別にみると?

ビジネスパーソンの平均年収は408万円、都道府県別にみると?
ビジネスパーソンの平均年収(年代別)
 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は1月20日、「平均年収ランキング2019」を発表した。2018年9月~2019年8月にdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータを元に、正社員として働く20歳~65歳までのビジネスパーソンの収入をまとめたところ、全体の平均年収は408万円であることが分かった。

 年代別でみると、30代で前年比10万円減の442万円、40代でも同21万円減の507万円、50代以上でも同23万円の622万円という結果に。いずれも厳しい数字が並んだが、20代男性のみ昨年の367万円から微増の369万円だった。

 職種別(全167職種)でみると、平均年収ランキング1位は「投資銀行業務」(843万円)。2位は「運用(ファンドマネジャー/ディーラー)」(720万円)、3位は「内部監査」(709万円)など、「金融系専門職」「専門職」系の仕事がトップ10のうち半数を占めた。

 業種別(全96業種)では、トップ10のうち9つが「メーカー」「金融」「メディカル」系。1位は昨年と同じ金融系の「投信/投資顧問」で648万円。「昨年から191万円の大幅ダウンと全業種の中で最大の下落額ではあったものの、トップを維持した」(パーソルキャリア)。2位はメディカル系の「医薬品メーカー」(600万円)、3位はメーカーの「たばこ」(591万円)が続いた。

 都道府県別でみると、どのような違いがあるのだろうか。平均年収のトップは、「東京都」で438万円。2位は「神奈川県」(430万円)、以下「千葉県」(414万円)、「栃木県」(410万円)、「埼玉県」「茨城県」(いずれも408万円)と上位6位までを首都圏が占めた。一方、最も少なかったのは「沖縄県」で337万円。トップの東京都とは101万円の差があった。次いで「秋田県」(357万円)、「高知県」(359万円)、「宮崎県」(361万円)だった。

 ちなみに、47都道府県の中で昨年よりも金額が増えたのは13県のみ。特に徳島県は20万円のアップとなった。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ビジネスパーソンの平均年収は408万円、都道府県別にみると?」の みんなの反応 2
  • 年収放談。 通報

    だいたいやね~、あずみクン!これが会社員の実態なのだよ?東京マガジンの出演者は高年収やろが一般人出演者はこんなもんかもっと低いやろ?そやさかい人手不足ゆ~ても大企業正社員募集は多数!パートはこんがな!

    0
  • 匿名さん 通報

    台湾とかとおんなじじゃね⁈

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。