新型コロナで見直された“最重要食品”とは? 巣ごもり消費と防衛消費の意外すぎる実態

新型コロナで見直された“最重要食品”とは? 巣ごもり消費と防衛消費の意外すぎる実態
マスクやトイレットペーパー以外に何が売れているのか
新型コロナの流行は小売業にどのような影響を与えたのか。室内で過ごす“巣ごもり消費”の拡大で、主要3業種では、スーパーが食品を中心に伸長。コンビニはほぼ前年並みで堅調。百貨店はインバウンド消費の激減によって苦戦している。

一方、マスクやトイレットペーパーを買い求める人の急増で、ドラッグストア、ホームセンターの売り上げが急伸。ドラッグストア業界において、2~3月は花粉症対策グッズの需要が高まるので、売り上げが伸びる時期に当たる。それに、新型コロナ対策の需要がオンされた。ホームセンターは震災や台風被害など、災害に強い業態の特性が今回も発揮された。


各業界の状況はどうなっている?


2月の既存店売上高を見ると、次のようなチェーンでは前年同月比で2桁増を記録している。スーパーの「ヤオコー」、ドラッグストアの「ウエルシア」「スギ薬局」「サンドラッグ」「コスモス」、ホームセンターの「コーナン」「島忠ホームズ」などである。

もちろん2020年2月は閏(うるう)年で営業日が1日多かった点は考慮すべきだ。しかし、19年10月の消費増税以降、景気は冷え込み、小売業が前年同月の売り上げを上回るのは困難な情勢が続いていた。スーパー、ドラッグストア、ホームセンターに特需が起こったとみられる。

消費増税以前から苦戦している総合スーパーの「イオン」や「イトーヨーカ堂」でも、2月はしっかりと前年同月の売り上げを超えてきた。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「新型コロナで見直された“最重要食品”とは? 巣ごもり消費と防衛消費の意外すぎる実態」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    トイレットペーパーは買えるようになったけど、マスクがない・・・・・

    3
  • 匿名さん 通報

    D・プリンセス号に入った厚労省の役人はマスクだけで完全防護服ではなかった。観戦した。あたり前だろ?  感染の専門家を入れない「会議」をちょこちょこっとやっただけの阿呆安倍晋三が人を殺す。

    3
  • 匿名さん 通報

    自分もマスクするけど目の前に感染者がいたら終わり。それでも周囲の人に不安感を与えないための「単なるマナー」でマスクはする。実用的などとはとても言えない気休め。

    2
  • 匿名さん 通報

    マスクしたって目の粘液から感染するんであまり防護にはならないよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    おっと、13:06の「観戦」は「感染」だからね。そんくらいわかるね?

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。