なぜ、失業者ではなく休業者が新型コロナで激増したのか 2つの理由

なぜ、失業者ではなく休業者が新型コロナで激増したのか 2つの理由
新型コロナで激増した休業者(出所:ゲッティイメージズ)
 5月30日の日本経済新聞に「休業者、最多の600万人 統計にみる4月の経済異変」と題する記事が掲載されました。

 この記事の根拠となっている総務省の労働力調査では、雇用されている人で「休業者」に該当するのは、仕事を持ちながら調査週間中に少しも仕事をしなかった者のうち給料・賃金の支払を受けている者又は受けることになっている者と説明されています。つまり、休業者とは「雇用契約を維持したまま給料だけが支払われている状態の人」を指します。記事には以下のようにあります。

“緊急事態宣言が出た4月の労働市場で、「リーマン・ショック時には見られなかった現象」(高市早苗総務相)が起きた”

“リーマン危機後の休業者は09年1月に153万人に達したが、今回はそれをはるかにしのぐ”

【参考】休業者、最多の600万人 統計にみる4月の経済異変(日本経済新聞、5月30日)

 確かに異変といえる状況だと思われるものの、いまひとつピンとこない人もいるかもしれません。しかし、実際の数字をグラフにしてみると、その異様さを一目で感じ取ることができます。

 まず、以下はリーマンショック後の完全失業者数と休業者数のグラフです。リーマンショックが起きてから2年間の推移を見ると、完全失業者数のピークは2009年9月の363万人、休業者数のピークは10年3月の158万人です。月によって多少の波がありますが、完全失業者数については、緩やかに右肩上がりになっている傾向が見て取れます。一方、休業者数についてはほぼ横ばいです。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「なぜ、失業者ではなく休業者が新型コロナで激増したのか 2つの理由」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    在宅仕事で喜ぶおバカさんたち、これからは24時間仕事メール送りつけられますよ。会社側は労務管理として“在宅でどれくらい仕事しているのかを把握しなきゃいけない”ですからね。

    1
  • 匿名さん 通報

    つながらない権利なんていうのはコロナで吹っ飛びました。今度は会社側から“労務管理上のつながる権利”を確実に主張される時代です()

    1
  • 匿名さん 通報

    元々、皆んなギリギリで商売してたからだよ、これが核心 少し歯車が狂えば上手くいかなくなる、難しい事じゃないよ

    0
この記事にコメントする

「総務省 + 家計調査」のおすすめ記事

「総務省 + 家計調査」のおすすめ記事をもっと見る

「総務省 + ふるさと納税」のおすすめ記事

「総務省 + ふるさと納税」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日の社会記事

キーワード一覧

  1. 総務省 ふるさと納税
  2. 総務省 家計調査
  3. 総務省 電波利用

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。