コロワイドの提案退けた大戸屋、再建になおも立ちふさがる“究極のジレンマ”

コロワイドの提案退けた大戸屋、再建になおも立ちふさがる“究極のジレンマ”
【画像】揺れる大戸屋
 大戸屋ホールディングス(以下、大戸屋)の経営刷新を求めるコロワイドの株主提案が否決された。取りあえず現状の経営体制が維持された格好だが、同社が業績を回復できる道筋は立っていない。外食産業はコロナ危機によって淘汰が確実視されており、大戸屋の経営権を巡る争いはこれで終わりというわけにはいかないだろう。

大戸屋のこだわり「店内調理」貫けるか


 外食チェーン大手で、「かっぱ寿司」や「牛角」などをグループ内で運営するコロワイドは2019年10月、大戸屋の創業家から株式の譲渡を受け、約19%を保有する大株主に躍り出た。大戸屋はこのところ業績不振にあえいでおり、両社は経営再建について協議してきたものの折り合いがつかず、最終的にはコロワイド側が経営の刷新を要求。取締役の入れ替えを求める株主提案を行った。

 6月25日に開催された株主総会ではコロワイドの議案は否決され、取りあえず大戸屋の独立経営は維持されることになったが、両社の争いは今後も続く可能性が高い。

 両社の表向きの対立点は調理方法にあると言われている。

 大戸屋は創業当初は小さな食堂に過ぎなかったが、創業者である三森久実氏の卓越した経営手腕によって400店舗を超える大規模チェーンに成長した。特に創業時からのこだわりとして、同社では食材を素材のまま調達し、店内調理することを基本方針としてきた。

 以前はこうしたこだわりが消費者にうまくアピールし、ファンを囲い込むことに成功したが、近年は同社のこだわりが逆に経営の足かせとなっている。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「コロワイドの提案退けた大戸屋、再建になおも立ちふさがる“究極のジレンマ”」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今の大戸屋に、チェーン店のメリットなし。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。