コロナで変わる、桃鉄・シムシティ的な都市開発

コロナで変わる、桃鉄・シムシティ的な都市開発
戦後日本の都市開発をけん引したのが私鉄各社だ
 5月25日、新型コロナウイルスの流行による緊急事態宣言が解除された。

 やっと日常が戻ると思いきや、その後は東京アラートの宣言と解除、さらに1日あたりの感染者が再度増加に転じるなど、状況は二転三転している。先行き不透明な状況がしばらく続くと思われるが、今後もコロナによって生活が変化することは間違いない。

 特に働き方やビジネスは、コロナで最も大きく変化したといえるだろう。一部業種では、完全に運営がストップし、在宅勤務も珍しくなくなった。一方で、リモートワークをしていた従業員は、全体の一部だとする各種アンケート調査結果もある。

 しかしこの一部の変化が、戦後ずっと続いてきた「桃太郎電鉄」と「シムシティ」的な都市開発に大きな影響を与えている。

 戦後、テレビゲーム「桃太郎電鉄」のモデルとなった西武鉄道的なビジネスモデルで都市部が開発され、テレビゲーム「シムシティ」のように人口が増える前提で都市開発が行われていたことを背景に、「日本の地価は上がり続ける」という、かつての土地神話が成り立っていた。

 少子高齢化と人口減少、そこにコロナ禍が加わったことで日本の都市開発はどのように変わるのか。コロナと都市開発をテーマに、今後の働き方やライフスタイルを考える材料を提供してみたい。

桃太郎電鉄とシムシティ


 まずは、テレビゲーム「桃太郎電鉄」「シムシティ」の2つを知らない人向けに、概要を簡単に説明をしたい。

 「桃太郎電鉄」、通称“桃鉄(ももてつ)”はもともと昔話の桃太郎をモチーフにしたRPG「桃太郎伝説」から派生したすごろく型のゲームだ。プレイヤーは会社社長となって、タイトル通り日本各地を電車で移動しながら各地の不動産を購入していく。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「コロナで変わる、桃鉄・シムシティ的な都市開発」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    あんな大失敗なシムシティを未だに遊んでる人いるんだ。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。