いま再び注目を集める「社内報」 紙にとどまらない、活用のポイント

いま再び注目を集める「社内報」 紙にとどまらない、活用のポイント
紙だけじゃない社内報(出所:ゲッティイメージズ)
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの企業で導入が進むテレワーク。オフィスから離れて、各自が在宅勤務をすることで浮上しているのがコミュニケーション面での課題だ。日常的に顔を合わせることがなくなったことで、意思疎通が難しくなり、部署を横断したプロジェクトの進行や、部下のマネジメントに頭を悩ませる人も少なくないだろう。

 そんな中、社内報を活用してコミュニケーションを円滑化している企業がある。人材サービスを展開するエン・ジャパンだ。社内報と聞くと、「紙冊子」のイメージが強いが、同社の社内報は「Web社内報」。もともと紙で発行していた社内報を社内イントラで共有する形へ変更し、その後16年には「ensoku!」と銘打ち、社外にも公開を開始した。

 新型コロナの影響でテレワークを導入してからは、情勢を鑑みて運用を停止することも考えたが、「先が読めない、社員が不安感を抱えるこんなときだからこそ社内報が重要なのでは」(広報担当者)という思いから、コンテンツの更新を継続した。

 もともと、社内報記事の更新は「社員の誰が、いつ書いてもいい」という方針で運用していた。しかし、「それでも、社内報は広報が1人で書くものというイメージが強い。ただ、広報からの発信だけでは解決できない課題もある」(同前)。「現場の生の声」を社内報として公開することに意義を見いだし、全社がテレワークとなってからは各部署に対して記事の更新を依頼したという。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。