オンワードがZOZOとオーダーメイドで提携 「ZOZOTOWN」再出店も

記事まとめ

  • オンワードホールディングスはZOZOと提携する。
  • 提携するのはオーダーメイドの衣料品の通信販売。
  • 撤退していた「ZOZOTOWN」にも8月下旬に再出店する。

オンワード、ZOZOとオーダーメイドで提携 「ZOZOTOWN」にも再出店

オンワード、ZOZOとオーダーメイドで提携 「ZOZOTOWN」にも再出店
オンワードとZOZOの協業で販売するセットアップのイメージ(出典:プレスリリース)
 オンワードホールディングス(HD)は7月13日、オーダーメイドの衣料品の通信販売でZOZOと提携すると発表した。オンワードの豊富な商品力と、ZOZOが持つビッグデータを組み合わせて、顧客の好みや体形に合った商品を提供する。撤退していたファッション通販サイト「ZOZOTOWN」にも、8月下旬に再出店する。新型コロナウイルスの影響で拡大するECの需要を取り込むため、サービスの拡充を図る。

 子会社のオンワードパーソナルスタイルが運営するオーダーメイドブランド「KASHIYAMA(カシヤマ)」で、8月下旬からセットアップアイテムの販売を始める。KASHIYAMAは日本人の約95%をカバーできるサイズを展開しており、ZOZOは採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」のサービスを通して100万件以上のサイズデータを有する。両者の膨大なデータを活用して、幅広いサイズに対応する。

 注文にはZOZOのサービス「マルチサイズ」を活用。顧客は身長と体重を選択するだけで、簡単に自分に合ったサイズの商品をオンラインで注文できる。ジャケットは73サイズ、パンツは128サイズの中から、一人一人に合ったサイズを自動的におすすめするという。メンズはジャケットとパンツ、ウィメンズはジャケット、パンツ、スカート、ワンピースの商品を展開する。価格は1万3200円~3万800円(税込)。

 今後、靴などの新規アイテムの開発も行い、オンラインで購入できるオーダーメイド商品の領域を広げていく。「一人一人の好みや体形に合った商品を受注ごとに生産し、余剰在庫を生まないビジネスモデルはこの先ますます拡大していくと予測している」(オンワードHD)という。協業によって、5年後、100億円規模の事業への拡大を目指す。

 また、協業を機に、2019年2月に退店して以来、約1年半ぶりに「ZOZOTOWN」に出店する。「J.PRESS」「JOSEPH」「TOCCA」など計11ブランド13ショップを8月下旬から展開する。

 オンワードHDは2020年2月期に赤字に転落。さらに新型コロナの影響が大きかった20年3~5月期は、連結売上高が前年同期比約35%減、純損益は24億円の赤字を計上している。ネット通販の対応分野をオーダーメイド商品にまで広げることで、新たな需要の開拓を目指す。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。