「感染リスクが高い」と指摘されても「バイキング」を続々再開 その執念と感染予防策に迫る

「感染リスクが高い」と指摘されても「バイキング」を続々再開 その執念と感染予防策に迫る
焼き肉と寿司のバイキングで人気だった「すたみな太郎」はコロナ禍で自粛休業した
 3月1日に厚生労働省が発表した「新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために」という文書で、クラスターが発生した場所として名指しされたのが、ビュッフェスタイルの会食である。

 文書には、スポーツジム、屋形船、雀荘、スキーのゲストハウス、密閉された仮設テントなどと共に感染例があったと記された。安倍晋三首相も会見で「当面控えていただくと共に、事業者の方々には感染防止のための十分な措置を求めたい」と要請した。

 この発表を受け、焼き肉・寿司などのバイキングで人気の「すたみな太郎」チェーンが、3月5日から自粛休業に入った。同月17日までに順次再開したが、全国137店のうち12店がそのまま閉店するほどのダメージを受けた。

 バイキング形式のレストランは、大皿に盛られたさまざまな料理を好きなだけ食べられる「食べ放題」となっており、顧客にしてみればコストパフォーマンスが高い。ステーキハウスの多くは、バイキング形式のサラダバーがもう1つの売りになっている。また、無料の朝食バイキングを名物にして、集客を図るビジネスホテルも増えている。

 5月25日に緊急事態宣言が解除されてから、自粛によって休業・時短営業していたバイキングは順次再開している。しかし、新型コロナと共存する「新しい生活様式」にいかに対応していくか、苦慮している。

“名指し”されてもバイキングを続ける理由


 それでもバイキングを止めない理由は何か。「サラダバーを再開してほしいと、お客さまからの要望があったから」(「ビッグボーイ」を展開する、ゼンショーホールディングス広報)、「お店の売りがサラダバーだから」(「シズラー」を展開する、ロイヤルホールディングス広報)、「お好きなものを、お好きなだけ選べるのがバイキングの醍醐味(だいごみ)」(「しゃぶ葉」を展開する、すかいらーくグループ広報)といったように、顧客から続けてほしいとリクエストが強いことや、バイキングを否定したらお店の存在意義がなくなるといった意見が挙がった。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「感染リスクが高い」と指摘されても「バイキング」を続々再開 その執念と感染予防策に迫る」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    どれだけ対策しても感染が防ぎ切れるわけがない。食べるなら客にも連絡先を提出するなどして、感染者が出た後の対策も必要だと思う。店側だけじゃなく、利用者にも責任を持つべき。

    0
  • 匿名さん 通報

    料理が50度以上で加熱された状態になっていたら,大丈夫だろう。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。