ハイボールに適した「いいちこ」が登場 若い世代や焼酎初心者がターゲット

ハイボールに適した「いいちこ」が登場 若い世代や焼酎初心者がターゲット
爽やかなデザイン
 麦焼酎の「いいちこ」を製造する三和酒類(大分県宇佐市)は7月15日、ハイボールのための焼酎「iichiko NEO(いいちこネオ)」を発売した。内容量は500ミリリットルで、希望小売価格は税別696円。アルコール度数は25%となっている。

 いいちこネオは、同社の主力商品であるいいちこを飲む機会の少ない若い世代や焼酎初心者をターゲットにした商品。炭酸割りに適したオリジナル酵母を使用しており、さっぱりとした味わいとほのかに香るフルーティーさが特徴だという。また、若い世代が手に取りやすいよう、パッケージを爽やかでカラフルなデザインにした。

 割り剤として、ソーダ、ジンジャエール、エナジードリンクといった炭酸系飲料だけでなく、レモンティー、スムージー、アーモンドミルクなども提案している。

 いいちこは1979年に生まれた商品で、三和酒類によると現在では世界30カ国以上で消費されているという。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ハイボールに適した「いいちこ」が登場 若い世代や焼酎初心者がターゲット」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    主力の焼酎には、いいちこファンも多くおられると思う。が 全国には酒造メーカーも多くあり、酒好きの人は安くて旨い酒も探している。いいちこから、初心者向けに新商品。若い人に人気が出そうだね。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。