マックがコロナ禍でも好調なのは大手ファストフードだから? 公式アプリ「6600万ダウンロード」の本質

マックがコロナ禍でも好調なのは大手ファストフードだから? 公式アプリ「6600万ダウンロード」の本質
飲食店はほとんどが苦戦した
       
 飲食店コンサルタントの三ツ井創太郎です。外食産業はまだまだ厳しい経営環境が続いていますが、今回はそんなアフターコロナの状況下でもV字回復している企業の事例を学んでいきたいと思います。

コロナ禍でも売上高対前年比115%を達成したマクドナルド


 まず、外食産業における2020年5月度の売り上げ状況(売上高対前年比)を見てみましょう。

 マクドナルドホールディングス(ファストフード):115%、吉野家ホールディングス(牛丼):92.7%、スシローグローバルホールディングス(回転寿司):81.4%、すかいらーくホールディングス(ファミリーレストラン):52.2%、鳥貴族(居酒屋):12.1%、ワタミ(居酒屋):7.2%となっています。

 ファストフードや牛丼など、テークアウト対応型の業態は80~110%で推移しています。回転寿司やファミリーレストランといった食事動機の業態は50~80%であり、鳥貴族やワタミといった繁華街を中心に展開する居酒屋業態は10%前後と全国的に非常に厳しい状況となっています。

 最新の6月度のマクドナルドの売上高は前年比96.8%となっていますが、あらためて3月以降のコロナ禍における各社の実績を見てみましょう。マクドナルドの5月度における「115%」という実績が突出していることが分かります。

 「マクドナルドはファストフードだから当然」とも言えます。しかし、コロナ禍でもマクドナルドが強かった理由は本当にそれだけなのでしょうか?

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「マックがコロナ禍でも好調なのは大手ファストフードだから? 公式アプリ「6600万ダウンロード」の本質」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    創価学会日本マクドナルド支部の偽装肉バーガーの紹介でした。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。