パッケージ刷新で販売が2倍に! 再起を狙う「伊右衛門」が貫いた緑色

パッケージ刷新で販売が2倍に! 再起を狙う「伊右衛門」が貫いた緑色
4月のリニューアルで大きく変わった「伊右衛門」
 サントリー食品インターナショナルの緑茶飲料「伊右衛門」が2020年春、大きく姿を変えた。04年の発売以来“最大のリニューアル”を経て、味も見た目も刷新。なかでも、特徴的だったボトルの形やラベルは、別の商品のように変更された。

 新しくなった商品の販売は好調を維持している。4月のリニューアル後1カ月間の販売は、リニューアル前1カ月間と比べて2倍に伸びた。また直近では、6月の販売実績が前年同月比1.6倍。特に、コンビニに限定すると約2.5倍に伸びている。

 実は、緑茶飲料として知名度が高い伊右衛門も、近年は販売が伸び悩み、“崖っぷち”の状態だったという。思い切ったリニューアルはなぜうまくいっているのか。ブランドのマーケティング責任者を務める、同社ブランド開発事業部の多田誠司氏は「一目で分かる緑色」をその理由に挙げる。

前年比1割減、“棚から落ちる”危機感


 「そろそろ棚から落ちるのでは、という危機感があった」と、多田氏は振り返る。04年に京都の老舗茶舗「福寿園」との共同開発によって誕生し、大ヒットした伊右衛門も、競合商品やブレンド茶などとの競争にさらされ、近年は低迷。ブランド全体の販売数量は、18年、19年と2年続けて前年比5%減だった。

 しかしこの数字は、好調を維持する特定保健用食品「特茶」など、派生商品を含めた実績だ。「本体」と呼ばれる通常商品の状況はさらに深刻だった。

 本体の19年の販売実績は前年比1割減。リニューアル前の20年1~3月には、前年同期と比べて2割も落ち込んだ。「特にコンビニでは、緑茶の主力ブランドの中でもビリが続いていた」(多田氏)。「棚から落ちる」は差し迫った危機感だった。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「パッケージ刷新で販売が2倍に! 再起を狙う「伊右衛門」が貫いた緑色」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    これトクホ? どんな名前か忘れたけど、トクホの飲み物で海外で死人まで出てるし怖いよね。しかも冷茶はあり得ない。お茶は熱くして飲まないと。冷茶は腎臓や胆石もヤバいよね、特に日本のお茶は。飲みすぎに注意。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デパート」のニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。