日産が新型「フェアレディZ」プロトタイプを初公開

記事まとめ

  • 日産自動車はフェアレディZ新型モデルのプロトタイプを初公開。
  • 初代「Z」の雰囲気を感じられるデザインに一新。
  • シルエットや、フロントとリアのモチーフに引き継がれている。

日産、新型「フェアレディZ」プロトタイプを初公開 “初代”の雰囲気漂うデザインに

日産、新型「フェアレディZ」プロトタイプを初公開 “初代”の雰囲気漂うデザインに
日産が発表した「フェアレディZ」プロトタイプ
       
 日産自動車は9月16日、同社を代表するスポーツカー「フェアレディZ」の新型モデルのプロトタイプを初公開した。1969年に発売された初代をはじめ、歴代の「Z」の雰囲気を感じられるデザインに一新した。

 「Zは日産のスピリットそのものだ」。同日に開いたオンラインイベントで、内田誠社長はそう語った。自身も約20年前、初めてのクルマとしてフェアレディZを購入したファンだという。現在進めている事業構造改革でも重要なモデルであるとした上で、「伝統に忠実であることを大切にした。これまで所有してきたお客さまの期待に応えたい。一方で、新しい世代のお客さまにも楽しんでもらいたい」と呼び掛けた。

 今回発表した新型は7代目。12年ぶりのモデル刷新となる。

 Zの誕生は1969年。日本最初のスポーツカー「ダットサンスポーツ」を市販した日産が、米国で気軽にレースを楽しむ人たちの姿をヒントに、「手ごろなスポーツカーを提供する」として開発した。60年代は国産スポーツカーが相次ぎ誕生し、日産も新型「ダットサンフェアレディ」を投入したが、衝突安全、快適性、静粛性などはあまり考慮されておらず、実用性に乏しかった。Zでは、オープンカーをやめてクローズドボディーにするなど、実用性を向上。世界的にヒットし、計52万台を生産した。

 今回の新型では、その初代Zのシルエットや、フロントとリアの象徴的なモチーフを引き継いだデザインを採用している。フードの形状やLEDヘッドランプのティアドロップ形状は、初代のデザインをイメージした。また、四角いグリル開口も歴代Zの持つアイコンを継承している。さらに、LEDヘッドライトの2つの半円のデザインは、70年代に販売された「240ZG」をイメージしたという。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「日産、新型「フェアレディZ」プロトタイプを初公開 “初代”の雰囲気漂うデザインに」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    なかなか良いね!特にリヤが。スープラの焼けただれたようなクソデザインに比べたら何百倍もカッコイイ。

    3
  • 匿名さん 通報

    S30とS130に20年乗り継ぎました。こんどのZは要りません。

    0
  • 匿名さん 通報

    昔、フェアレディZには「高速用スロットルレバー」があった。今は誰も知らないだろう。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。