ミニストップが「極小コンビニ」を展開 24時間利用も可能

記事まとめ

  • ミニストップは極小CVSユニットのサービスを開始。
  • 1坪から設置可能で、マイクロマーケットの攻略を目指す。
  • 専用のセルフレジを設置し、24時間利用できるようにする。

ミニストップが「極小コンビニ」を展開 オフィスや工場内で商品を販売

ミニストップが「極小コンビニ」を展開 オフィスや工場内で商品を販売
展開イメージ
       
 ミニストップは10月26日、職場内などに設置可能な極小CVS(コンビニエンスストア)ユニット「MINISTOP POCKET(ミニストップ・ポケット)」のサービスを開始すると発表した。1坪から設置可能で、マイクロマーケットの攻略を目指す。

 商品と一緒に専用のセルフレジを設置し、24時間利用できるようにする。現金を使用しないキャッシュレス決済で、交通系電子マネーやスマホ決済などに対応する。

 設置場所としては、オフィス、工場、配送センター、病院、コールセンターといった職域(職場)内を想定している。品ぞろえとしては、イオンやミニストップのプライベートブランド商品や、ナショナルブランド商品を、立地・商圏に合わせて提案する。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。