コロナ禍で乾麺・袋麺が“バカ売れ” 伏線は、朝ドラの「まんぷく」にあった

コロナ禍で乾麺・袋麺が“バカ売れ” 伏線は、朝ドラの「まんぷく」にあった
袋麺や乾麺の売り上げが伸びている
       
 新型コロナの感染拡大によって保存食の需要が高まったこともあり、即席ラーメンなどの袋麺や、スパゲティといった乾麺の売り上げが高い水準で伸びている。

 POSデータサービスを運営するマーチャンダイジング・オン(東京都新宿区)は、全国のスーパー、コンビニ、ドラッグストア4500店舗から店頭の売り上げデータを収集している。同社がまとめた8月3~9日における「RDSスーパー全国データの食品の前年比上位20位カテゴリー」によれば、「インスタント袋麺」は6位(134%)、「スパゲティ」が19位(121%)だった。

 一方、緊急事態が宣言された4月6~13日では、「スパゲティ」が3位(221%)、「インスタント袋麺」が12位(175%)となっていた。

 スーパーへの聞き取り調査によれば、「緊急事態の頃に比べれば落ち着いてきたが、売れ筋はそれほど変わっていない」(イオン・西友)という。POSデータと照合すると、今後しばらくコロナ禍の影響が及ぶ限り、袋麺や乾麺が売れる傾向は継続すると考えられる。

 コロナが流行するまでは、お湯を入れて3~5分ほど待つだけで完成するカップ麺や、電子レンジで温めるだけで食べられる冷凍麺に圧倒されて、袋麺や乾麺の存在感が薄れていた。それだけに、潮目の変化を感じざるを得ない。

 日本即席食品工業協会の調べ(2019年度)によれば、日本で製造している袋麺とカップ麺を比較すると、袋麺が246銘柄・15億9870万食なのに対して、カップ麺は1315銘柄・39億7021万食となっている。つまり、後発のカップ麺のほうが倍以上の売り上げを誇っていた。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。