オリエンタルランド、今期は500億円赤字 東京ディズニーリゾートの入場制限が響く

オリエンタルランド、今期は500億円赤字 東京ディズニーリゾートの入場制限が響く
オリエンタルランドは今期、500億円の最終赤字を予想(出典:東京ディズニーリゾート公式サイト)
       
 オリエンタルランドは10月29日、2021年3月期の連結最終赤字を511億円とする業績予想を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」の両パークが長期にわたり臨時休園。営業再開後も入園者数を制限していることから、上半期の売上高は前年よりも76%落ち込んだ。下期も引き続き入園者数制限の影響が大きくなりそうだ。

 20年4~9月期の連結業績は、売上高が前年同期比76.2%減の591億円、営業損益は241億円の赤字(前年同期は609億円の黒字)、純損益は300億円の赤字(同430億円の黒字)だった。

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、新型コロナの感染が国内でも広がり始めた2月末から休園。約4カ月後の7月1日に営業を再開したが、感染拡大防止のため、入園者数の制限や営業時間短縮などを実施してきた。8~9月は入園者数の水準が徐々に回復してきたものの、前年を大きく下回っており、4~9月の入園者数は82.9%減だった。

 一方、ゲスト1人当たりの売上高は増加。チケット価格改定や入園券種の限定によるチケット収入増加があったほか、営業再開後の需要増により商品販売収入も伸びた。しかし、入園者数減少の影響は大きく、大幅な減収となった。

 また、これまで未定としていた通期の業績予想を公表。売上高は前期比60.1%減の1854億円、営業損益は514億円の赤字(前期は968億円の黒字)、純損益は511億円の赤字(同622億円の黒字)を見込む。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。