Go To Eatでワタミは10月の予約人数が前月比6倍に 売上は前月比65%まで回復

Go To Eatでワタミは10月の予約人数が前月比6倍に 売上は前月比65%まで回復
Go To Eatで「一定のプラス効果があった」と話すワタミ
       
 新型コロナウイルスの感染拡大で需要が落ちた飲食店を支援する「Go To Eat」キャンペーンは、オンライン飲食予約事業が10月から始まったが、11月中旬には予算の618億円を使い切りポイントの付与を早々と終了。一方で、プレミアム付き食事券事業が各都道府県で順次スタートしていて、11月20日に東京都でも食事券の販売が始まった。

 ここまでの「Go To Eat」キャンペーンで、「一定のプラス効果があった」と話すのが、外食チェーン大手のワタミだ。10月はネット予約の人数が前月比で6倍に増加し、既存店の売上も前年比65%と、緊急事態宣言以降で最も回復したという。

 同社は11月20日から東京都内で実施されるGo To Eatの「プレミアム付食事券事業」にも、居酒屋「和民」「坐・和民」「ミライザカ」「鳥メロ」といった主力業態をはじめ、「かみむら牧場」「TGI Friday’s」 など全業態で参画する。

 ワタミは主力の居酒屋360店舗のうち、3分の1を焼肉業態の「焼肉の和民」に転換。来年3月末までに既存店を114店舗閉鎖する一方で、新業態の「から揚げの天才」を100店舗に増やすなど、グループ全体の業態の構造を変えつつある。新型コロナを乗り切るためのワタミの対応を聞いた。

10月の売上回復にGo To Eatが一定の効果


 「既存店の売上高は、9月は前年比50.6%でしたが、Go To Eatが10月1日から始まったことで、10月は65.0%まで回復しました。Go To Eatが全ての要因というわけではありませんが、売上回復に寄与したと思います」

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。