スターバックスが交通系電子マネーに対応 他のカフェチェーンも

記事まとめ

  • スターバックスはSuicaなどの交通系電子マネーに対応。
  • 1月6日から使えるようになっている。
  • タリーズ、ドトール、エクセルシオールも対応している。

スターバックスが交通系電子マネーに対応 他のカフェチェーンは?

スターバックスが交通系電子マネーに対応 他のカフェチェーンは?
スタバが交通系電子マネーに対応
       
 スターバックス コーヒー ジャパンは1月13日、全国の店舗でSuicaなどの交通系電子マネーに対応したと発表した。1月6日から使えるようになったという。

 対応する電子マネーは、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんの9種類。

 スターバックスではこれまで、現金のほか、独自で発行しているプリペイド式のスターバックスカード、クレジットカード、一部店舗でLINE Payに対応していた。新型コロナウイル感染拡大により接触機会を減らしたいというニーズが高まる中、決済の選択肢を広げ、利用を促す考えだ。

 他のカフェチェーンでは、以前から交通系電子マネーに対応している店舗が多い。タリーズコーヒーでも9種類の交通系電子マネーのほか、楽天Edy、iD、QUICPay、ApplePayに対応している。またドトールコーヒーも、展開する全国のドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェで各種交通系電子マネーを使うことができる。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。