なぜ次々と新ジャンル? バルミューダが社長一本槍から脱却目指すワケ

なぜ次々と新ジャンル? バルミューダが社長一本槍から脱却目指すワケ
バルミューダ代表取締役、寺尾玄氏。03年に有限会社バルミューダデザインを設立。11年3月に現社名へ変更
       
 暮らしのニーズに応えた新製品を市場へ投入し、留まることなく進化し続ける家電メーカー。毎年のように新しい製品が発表され、新メーカーが設立される中、それでも選ばれ、進化を続ける家電メーカーの強みとは何なのか。

 本連載では、進化を続ける家電メーカーを取材し、ものづくりを続けながら進化を遂げる秘訣をメーカーの取材から紹介する。連載最初のメーカーは、2020年末に東証マザースに上場したばかりの「バルミューダ」。わずか数人で家電の設計・開発をしていた会社がいかにして上場を果たしたのか。バルミューダの魅力と上場後の未来について全2回でお送りする。

BALMUDA The Cleanerはビジネスを意識した初めての製品


 バルミューダは20年12月16日に東証マザーズ市場に上場し、初値は上場価格の約1.62倍と市場の高い期待を見せつける形となった。上場の約1カ月前となる11月17日に、同社初となるコードレススティッククリーナー「BALMUDA The Cleaner」を発売した。このクリーナーは、これまでの製品とは違う視点で開発されているという。そこで今回は、この従来とは異なる開発フローについて寺尾玄社長にうかがいつつ、バルミューダの人気の秘密に迫る。

 バルミューダといえば扇風機やトースターという印象があるが、なぜ今回は掃除機を開発したのか。その点について寺尾社長は「実はBALMUDA The Cleanerは、バルミューダとしては非常に特殊な製品」だと語った。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。