JALが推進する「ワーケーション」 旅行先で仕事をするだけじゃない”真の活用法”とは

JALが推進する「ワーケーション」 旅行先で仕事をするだけじゃない”真の活用法”とは
JALが推進するワーケーショ
 新型コロナウイルス感染拡大により、在宅勤務やテレワークなど新しい働き方が広まっているが、コロナ禍前から働き方改革の一環として「ワーケーション」の導入に力を入れてきた企業がある。それが日本航空(JAL)だ。

 JALでは、2017年ごろから社内でワーケーション普及に向けた取り組みを実施してきた。同社の人財本部人財戦略部の東原祥匡アシスタントマネジャーは、ワーケーションの導入目的を「休暇取得の促進」だったと話す。

 JALでは働き方改革を進める中で、1年間の総実労働時間を1850時間にするという目標を掲げている。これは、1カ月の残業を4時間以内に抑え、あわせて20日の年次有給休暇を全て取得すると達成できる時間だ。しかし、残業の削減や20日の有休取得は難しい現状があり、社員の中にも「有休は捨てるもの」という考えがあったという。

 「長期休暇を取得するにしても、休暇明けのメール処理や、急な仕事でスケジュールを変更せざるを得ない状況が生まれるなど、取得のための作業にストレスを感じることも多い。会社として『休暇は取得するもの』という意識改革の必要性を感じていた」(東原氏)

 そこで、有給取得に向け検討を始めたのが「ワーケーション」だった。

ワーケーションの活用で長期休暇や混雑回避を可能に


 コロナ禍でワーケーションという言葉が広がった際に、単にリゾート地で仕事をするというような勤務方法に捉えられている面があるが、本来ワーケーションは「リフレッシュや休暇取得の促進」が主な目的とされている。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。