カフェチェーン「プロント」はなぜ“新しく”なったのか 月と太陽が離れた意味

カフェチェーン「プロント」はなぜ“新しく”なったのか 月と太陽が離れた意味
拡大する(全1枚)
「プロント」が新しくなった!
 いきなりだが、カフェチェーン「プロント」(運営:プロントコーポレーション)のシンボルマークを思い出せるだろうか。「うーん、緑色の看板に『PRONTO』と書いているはずだけれど、マークまでは覚えていないや」という人も多いかもしれない。月と太陽が重なっていて、同社では「月と太陽のダンス」と名付けている。このマークは2001年から使い続けているが、4月10日に月と太陽を離したデザインの店が登場した。「PRONTO 銀座コリドー店」である。

 プロントの店内といえば、照明を暗くして、いわゆる“ムーディー”な雰囲気が漂っているところが多いが、この店は違う。照明は明るくしていて、イマドキカフェの香りがプンプンしている。メニューを見ると、サンフランシスコにある行列ができるカフェで提供している「抹茶バスクチーズケーキ」がある。

 ちなみに、このチーズケーキは日本初上陸なので、スイーツ好きにとってたまらない一品を用意している。このほかにも季節限定商品を提供するなど、月と太陽が重なっている店で目にすることができないメニューがズラリと並んでいた。

 一方の夜はどうか。筆者が取材したのは午後3時だったので、残念ながらビールを注文することはできなかった。が、しかし、である。メニューを見て「仕事を終えたサラリーマンの胃袋をわしづかみにするのでは」と感じられたのだ。定番のビール、ハイボール、カクテルなどのほかに、洋酒を使った「ザ・ニューサワー」(528円)も用意。食事は「タコサンウインナー」(539円~)、「チューリップ唐揚げ」(1本165円)など、大衆的なモノばかり。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。