初の融合店「ニトリホームズ」オープン ロゴの色をオレンジにした理由は?

 ニトリホールディングス(HD)は6月11日、経営統合したホームセンター大手「島忠」との初の融合型店舗「ニトリホームズ 宮原店」(さいたま市)をオープンした。ニトリと島忠のほぼ全ての商品を取り扱う大型店舗だが、店内はどのようになっているのだろうか。

 同店は、島忠の「ホームズ宮原店」を改装。売り場面積は1階が1809坪、2階は1780坪の合計3589坪で、約6万3820アイテムを取り扱う。同社はニトリホームズを「グループ初の新たなトータルコーディネート店舗」と位置付ける。

 1階はホームセンターと、スーパーマーケット、ニトリが展開しているアパレルブランド「N+」が入る。

 これまで島忠が取り扱ってきたナショナルブランド(NB)の生活用品や家電はもちろん、ニトリのプライベートブランド(PB)商品も取り扱う。特に人気の高いキッチン・ダイニング用品売り場はニトリと同様の陳列とした。

 2階はニトリと島忠の家具のほか、カーテンやラグなどのホームファッションを展開。ニトリと島忠の「融合」を象徴するように、両社が取り扱ってきた家具を使ったコーディネートを紹介する展示も用意した。

 島忠の須藤文弘会長は「ニトリの商品は中価格帯以下、島忠が取り扱ってきたNB商品の価格はそれ以上となる。価格帯に幅があることを見ていただきたい」と説明する。

ニトリと島忠で「価格の幅」をアピール


 例えば、ソファの価格帯はニトリの商品は15万~20万円だが、島忠では20万~40万となる。幅広い価格帯の商品を示すように、ソファやベッド売り場ではニトリの商品を「ニトリスタジオ」と掲示して展開。その隣には有名ブランドの商品を配置する。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月11日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク