ウーバーイーツ不法就労問題の本質は性善説でない理由

ウーバーイーツ不法就労問題の本質は性善説でない理由
拡大する(全1枚)
 性善説は“お粗末なシステム”への免罪符ではない。

 以前から世界的にシェアを伸ばしてきたウーバーイーツだが、コロナ禍を追い風として需要はさらに高まっている。その反面、配達におけるトラブルや配達員に対する契約条件の不利な変更などトラブルが目立つのもまた事実だ。

 22日には日本でウーバーイーツ事業を手掛ける日本法人のウーバージャパンのトップと、当時コンプライアンス担当をしていた元社員の2人が東京地検に書類送検されるニュースが報じられた。

 容疑は、不法滞在の外国人2人の在留資格を確認せずに昨年6〜8月に、配達員として就労させていたという入管難民法違反である。該当の2人は他人になりすましてアカウントを作成し、配達員として活動していたという。

 ウーバーイーツの外国人配達員をめぐっては、昨年時点で不法就労の温床となっているという指摘があった。今回送検された容疑にかかる不法就労の人数は2名のみであるが、その背後にはまだ発覚していない者も存在する可能性がある。

誤解される性善説


 ここで、ウーバーイーツをはじめとしたベンチャービジネスのトラブルにおいては「関係者が悪いことをしない前提で設計されているビジネスモデル」という意味合いで、「性善説の想定外」や「欠陥」といったワードがよく用いられる。

 誤解されがちだが、性善説に立ってビジネスを設計しようと、性悪説に立ってビジネスを設計しようと、不正の発生を想定し、その対策を講じておく責任はある。そもそも「性善説」と「性悪説」は、人間の生まれつきの性質が善か、悪かを論じるものであり、「性善説によれば悪は発生しない前提で設計してよい」と解釈するには無理がある。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク