ゆで卵は簡単につくれるのに、なぜ「エッグマイスター」は3万5000台も売れたのか

記事まとめ

ゆで卵は簡単につくれるのに、なぜ「エッグマイスター」は3万5000台も売れたのか
拡大する(全1枚)
温玉・半熟卵もワンタッチでできる!
 まったく料理をつくらない人でも、ゆで卵ぐらいはつくれるだろう。現在はお湯でゆでなくても、電子レンジでつくるゆで卵調理器やゆで卵をつくる専用家電も活用できるほどだ。

 中には「ゆで卵って専用家電を使ってつくるほどのもの?」と思う人もいるだろう。ところが現在、あるゆで卵調理器がヒットしている。アピックスインターナショナル(大阪市)が2021年4月に発売した「エッグマイスター」のことである。

 エッグマイスターは簡単なボタン操作で、最大4個のゆで卵を同時につくることが可能。手順は次の通り。

(1)専用のゆで卵ケースに卵を並べて本体にセット

(2)[ゆでる]と記された本体の水位線まで水を注ぎフタを閉める

(3)電源コードの本体側プラグを本体、電源プラグをコンセントに差し込む

(4)[メニュー]ボタンからメニューを選ぶ

(5)[加熱]ボタンを押す

 細かく手順を分けたので面倒に感じるかもしれないが、難しくはない。メニューは「固ゆで」「半熟」「温玉(温泉たまご)」の3つから選べる。

おいしいゆで卵は、ただゆでるだけではできない


 アピックスインターナショナルはデザイン家電や生活雑貨の企画・開発・販売を行っており、エッグマイスターのような調理家電のほか、加湿器、暖房機、扇風機、サーキュレーターなどを手がけている。

 エッグマイスターが企画されたのは今から3年近く前のこと。社内でこんな話が出たことがきっかけになった。

 「ゆで卵をつくるのって面倒臭いよね」

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク