キャッシュレス決済が顧客体験向上を生み出す──CRISP宮野代表に聞く

 CRISPは、新しい外食企業“コネクティッド・レストラン”の構築を目的に2014年に創業の起業。現在は、ニューヨークのスタイリッシュなインテリアと、1日に必要な野菜を1食で摂れる点が人気のカスタムサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」でのサラダ販売が事業の中心だ。

 しかしCRISP SALAD WORKSの特徴は、インテリアやサラダの内容にとどまらない。セルフレジシステムを利用した対面販売のほか、オフィス向けのグループオーダー、サブスクリプションサービスも展開。22年にはピックアップステーションの構想もあるという。

 また、同社製のセルフレジシステム『CRISP PLATRFORM』は、サラダ専門店での店頭利用のほか他社への販売も行っており、宮野浩史社長は「我々の本業はテクノロジー」だと語る。

 新型コロナウイルス禍でテレワークのニーズが高まったことで、飲食店での外食から宅配サービスやテークアウトなどに人気が移り変わるなど、飲食産業のあり方が大きく変わろうとしている。

 CRISP SALAD WORKSの顧客接点の作り方や、テクノロジーを活用したサービス向上や新サービス展開の手法、そして将来の展開などをCRISPの宮野浩史社長に聞いた。

サラダには「健康」だけでなく、おいしく食べられるポテンシャルがあった


 もともとサラダは「喜んで食べるというより仕方なく食べる、健康が気になるから食べなきゃといった、ポジティブではない気持ちで食べられがちなものだと思っていました」と宮野氏は語る。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「天気」に関する記事

「天気」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天気」の記事

次に読みたい「天気」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク