ケンミンの冷凍ビーフン スーパーで1日1個しか売れないのに、なぜ自販機で50個も売れるのか

ケンミンの冷凍ビーフン スーパーで1日1個しか売れないのに、なぜ自販機で50個も売れるのか
拡大する(全1枚)
自販機で冷凍ビーフンが人気
 ケンミン食品(神戸市)の冷凍ビーフンが売れに売れている。「冷凍ビーフン? 食べたことがないなあ」という人も多いかもしれないが、それもそのはず。一般的なスーパーで、1日に1個ほどしか売れていないからだ。そんな状況なので、冷凍ケースの中でも片隅にポツンと置かれていることが多い中、9月1日に自動販売機で扱ったところ、1日に200個以上売れた日も。

 2倍ではなく、200倍である! ちょっと信じられない数字であるが、なぜこれほど売れているのか。同社で広報を担当している田中国男さんに話を聞いた。

業績「とんとん」がきっかけ


――ケンミン食品の本社ビル前(神戸市中央区)に、冷凍ビーフンの自販機を設置したところ、売れているそうですね。5種類の商品を扱っていて、一番人気は定番の「焼きビーフン」(2食入り、500円)だそうで。そもそも、なぜ自販機で冷凍ビーフンを販売しようと思ったのでしょうか?

田中: 2020年に新型コロナの感染拡大を受けて、スーパーなどで販売しているビーフン(ドライもの、冷凍もの)の売り上げはものすごく好調でした。いわゆる“巣ごもり需要”によって売れに売れたわけですが、一方で業務用は苦戦しました。当社の場合、コンビニ向けや給食用なども扱っていて、大幅に落ち込みました。さらに、レストラン事業を展開していて、そこも苦戦しました。

 好調の事業と不調の事業がありまして、業績は「とんとん」でした。「このままではいけない。ビーフンを食べていただける機会が減ってしまう」「なにかしらカバーできる事業を展開しなければいけない」ということで、自販機に目をつけました。ギョーザやラーメンなどを扱っている自販機が増えてきたこともあって、社内から「ビーフンを販売してみてはどうか?」といった話が出てきて、本社の1階に出店することにしました。

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク