ラオックス、アジア食品専門店「亜州太陽市場」オープン 現地で見た“こだわり”

ラオックス、アジア食品専門店「亜州太陽市場」オープン 現地で見た“こだわり”
拡大する(全1枚)
アジア食品専門店「亜州太陽市場」
 ラオックスは11月25日、東京・吉祥寺にアジア食品専門店「亜州太陽市場」をオープンした。1400アイテム以上のアジアの食品や飲料などをそろえ、新たな収益の柱に育てるのが狙い。

 亜州太陽市場のコンセプトは、「中国・台湾・韓国・ベトナム・タイを中心とするアジア地域の本場、本物の味を日本の食卓に届ける」ことだ。具体的には、インスタント麺を始めとする麺類を約200種類、調味料を約240種類、菓子類を140種類、ソフトドリンクを約100種類、アルコールを約80種類、冷凍食品を約100種類、レトルト食品を約180種類用意した。ラオックスの飯田健作社長は「品ぞろえにこだわった。中国や韓国の調味料に詳しい人にも『これは見たことがない』と思ってもらいたい。ワンストップでさまざまな国や地域の食材などを購入できるようにした」と説明する。

 JRの吉祥寺駅から徒歩で3分程度の場所にあり、売り場面積は約134平米だ。現在、コロナ禍の影響で思うように海外旅行ができない状態が続いている。旅行に行けなくても現地の食事を楽しみたいというニーズに対応する。

 店内の照明も明るくした。感染拡大前の“アジアの楽しい雰囲気”を演出するのが狙いだ。

店内の様子はどうなっているのか


 入店してすぐの場所には、中国の調味料を並べている。例えば、「トウチ入りラー油」や「鶏肉入りラー油」など、さまざまな種類のラー油を並べている。酢に関しても、「小籠包に付ける酢」「中国山西省とその周辺で有名な穀物酢」「野菜エキスなどを加えたまろやかな黒酢」などを用意。消費者に選ぶ楽しみを提供している。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク