40代会社員に聞く「45歳定年制」の印象 早期退職を検討するきっかけは?

 ソーシャルレンディング事業を手掛けるLENDEX(東京都渋谷区)が、全国の40代会社員を対象に「45歳定年制」に関する調査を実施した。早期退職を考えるきっかけを尋ねたところ、「今後の生活資金が確保できること」が最も多くなった。

 まず、現在の会社員生活において不満に感じることを尋ねた。その結果、「給与/報酬額」が50.6%と最も多くなった。次いで「全般的にモチベーションを感じられないこと」(12.3%)、「社内の人間関係」(12.2%)と続いた。また、退職後の生活を明確に見据えた形で退職を考えることはあるか聞いたところ、47.7%が「考えることがある」と回答した。

 「45歳定年制」に対する印象や意見を聞くと、「45歳である程度の方向性や結果が見えてくるであろうという意味だと思う。年功序列の時代ではない」(女性/兵庫県)、「やりたいことが明確にある人は良いが、無い人は困ると思う。定年の数年前から退職後のセカンドライフに向けて、セミナーや体験教室があったりすると良いと思う」(女性/愛知県)、「キャリアプランは人それぞれだから、45歳定年制は必要ないと思う」(男性/神奈川県)といったコメントが寄せられた。

 現在の勤務先は早期退職制度を導入しているか尋ねた。その結果、15.2%が「導入している」と回答。また、制度の対象年齢は「50歳以上60歳未満」(76.0%)が最も多く、「40歳以上50歳未満」(22.7%)、「30歳以上40歳未満」(1.3%)と続いた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

ITmedia ビジネスオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク