AIで校閲・校正作業を自動化 ディープラーニングで助詞や漢字変換の誤りも検出――みずほ銀行と凸版印刷が共同実証

AIで校閲・校正作業を自動化 ディープラーニングで助詞や漢字変換の誤りも検出――みずほ銀行と凸版印刷が共同実証
今回の実証実験で導入するAIを活用した校閲・校正システムのサービスイメージ((C)Toppan Printing Co., Ltd.)
 みずほ銀行と凸版印刷は2018年12月6日、AIを活用した校閲・校正支援システムの実証実験を2018年12月から開始すると発表した。

 実証実験では、みずほ銀行の一部の広告制作物を対象に、凸版印刷が開発した校閲・校正システムを導入し、校閲・校正業務の自動化を検証する。みずほ銀行では、同システムの導入により、校閲・校正業務の精度向上と作業者の業務負荷軽減を目指すという。

 凸版印刷によると、同システムは、さまざまな企業の媒体制作を通じて培ってきた同社の校閲・校正ノウハウとAIを活用することで、精度の高い校閲・校正を実現するという。

 従来の校閲・校正システムでは検出できなかった「助詞」や「漢字変換」などの誤りについては、ディープラーニング(深層学習)を活用することで検出を可能にした。

 また、標準機能の「正しい日本語チェック」に加え、金融業界特有の専門用語もチェック対象にするなど、個別のチェックルールを取り入れた柔軟なカスタマイズが可能で、作業者が必要とする校閲・校正業務を幅広くカバーするという。

 みずほ銀行では、実証実験を経て、広告制作物全般の校閲・校正業務に同システムの適用を拡大させていく予定。凸版印刷は、同システムの精度向上と汎用サービス化に向けた取り組みを進めるとしている。

あわせて読みたい

ITmedia エンタープライズの記事をもっと見る 2018年12月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。