スマホをBluetoothキーボードとして使えるアプリ「Rickey+」の無料お試し版が登場

スマホをBluetoothキーボードとして使えるアプリ「Rickey+」の無料お試し版が登場
Androidスマートフォン/タブレット向け仮想キーボードアプリ「Rickey+」
 イデア・フロントは、11月9日にAndroidスマートフォン/タブレット向け仮想キーボードアプリ「Rickey+(リッキープラス)」の無料お試し版を公開した。

 「Rickey+」は、Androidスマートフォン/タブレットをWindows PC用のBluetoothキーボードにできるアプリ。QWERTキーボードと五十音キーボードを備え、PCのマウスポインタを操作できるマウスパッド機能も利用できる。

 無料お試し版では初回起動から7日間、全ての機能を利用できる。これに合わせ、利用者からの意見をもとに一部キーレイアウト見直し、マウスパッドに左右スクロール機能を追加するなどのバージョンアップも実施した。

 動作環境は有料版、無料お試し版共通で、Bluetoothの搭載が必要。スマートフォン/タブレットのOSはAndroid 4.4以降、画面サイズは5インチ以上。PC側のOSはWindows7/8/8.1/10で、専用通信ソフト「RickeyTray」をインストールして利用する。

あわせて読みたい

ITmedia Mobileの記事をもっと見る 2018年11月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。