シャープの「ネットワークプリント」がLINEと連携 トークルームに写真を送信するだけで印刷可能に

シャープの「ネットワークプリント」がLINEと連携 トークルームに写真を送信するだけで印刷可能に
操作手順
 シャープは11月21日、コンビニエンスストアのマルチコピー機向けサービス「ネットワークプリント」において、コミュニケーションアプリ「LINE」との連携を開始した。

 連携利用には、ネットワークプリントのLINE@アカウントをLINEの友だちに追加する必要がある。追加後、トークルームに写真を送信すると、折り返し「ユーザー番号」が送られてくる。それをコンビニエンスストア(サークルK、サンクス、ファミリーマート、ローソン)に設置されている同社製マルチコピー機に入力すれば簡単に印刷することができるよ。会員登録や専用アプリのインストールは不要だ。

 用紙サイズはL判/2L判の写真用紙、A4/A3などから選択可能で、印刷料金はチェーンによって異なる。送信に対応する対応ファイル形式はJPEG(JPG)とPNGで、一度に送信できるファイル数は3つ、1ファイルあたりの上限容量は10MBまでとなる。ファイルの保存期間は8日間だ。

あわせて読みたい

ITmedia Mobileの記事をもっと見る 2018年11月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。